2018/01/18

技能と職務と使命 Technics, tasks and a mission

都市の衰退の原因は経済の非多様化にある、という記事で、世界の代表例3都市の一つがなんと北九州になってしまっている。
English below.


「(ニューオーリンズ、リヴァプールと同じく)北九州も鉄鋼の衰退とともに人口減少を迎え(中略)昨年スペースワールドというテーマパークが閉園となった。」
経済産業の多様化の失敗が、都市の衰退を招いた、という視点はたしかに全くその通りだと思う。しかし他の産業に手を出せばよかったのか、というと、事はそう単純ではない。
ニューオーリンズも、リヴァプールも、北九州も、衰退を招いたのはその産業に固執したからではない。
「職務」に固執したからだ。
製鉄産業は、「精製技術」という「技能」に時代が与えた職務にすぎなかった。
その職務は鉄しか生み出さない。しかし「技能」には、時代に沿ったあらゆる職務が待っている。職務だけでなく、技能を磨くことを忘れなければ、時代はかならず次の職務を与え、都市が衰退することはない。
FILTOMもそうありたい。膜分離技術という技能に、今たまたまスキンケアという職務が与えられている。同時に現在の職務は、来る未来のために技能を磨く。技能には、次の使命が待っている。それが何かは容易に分からない。それを誰よりも早く見つけ、技能を磨いたものだけが生き残る。だから面白い。

I found an interesting article about three "ghost towns" without diversified economy includes KITAKYUSHU.
"(Same as New Orleans and Liverpool) As steel production moved to developing countries,, So, the now familiar story happened there, too: widespread unemployment, leading to depopulation and urban decline. Last month, Kitakyushu's amusement park, Space World, closed."


I agree with a point of view on that one of the main reasons of the decline is fail of diversifying economy. But solution might be not simple as like just diversifying economy or making other industries.
I feel that the main reason for the urban decline in all of 3 cities was because people had clinged to only their "task".
Regarding Kitakyushu, their task can only make steel. But if they didn't forget to improve their "technics" of refinement technologies, they will be able to find their next task to live.
FILTOM wants to be so. We are now living with a current task of skin care by our membrane separation technics. At the same time, the task is improving our technics for coming future. We can not see a next task easily. Only the one who finds the next task first will win. That's why life is exciting.





2018/01/03

除夜の鐘と官能基

久しぶりにゆったりできたので、除夜の鐘を聞きつつまとめた、官能のこと。

官能基という素晴らしい訳語がある。化学物質の特徴的な部位のことで、たとえばバニラの香りのバニリンは3つの官能基を持つ。上から、カルボニル基、メトキシ基、ヒドロキシル基で、それぞれ特徴的な機能性がある。


官能基は英語ではFunctional group。直訳で機能基。しかし官能基と名付けた化学者の文学的センスはすばらしい。官能基は概ね「出ている」。機能性を持つのだから、出ている部位になるのは当然なんだけれど、出ていることに隠された意味があるのではないかと長年感じ続けてきた。

除夜の鐘を聞きつつ、自分の官能基を見る。ち〇〇も出ている。おっぱいも出ている。当然だろう、という声も聞こえてきそうだけれど、ならば問いたい。なぜ隠すのか。せっかく出ているものを、なぜまた隠すのか。おっぱいに至っては、中途半場に隠す。見えるか、見えないか、くらいに中途半端に隠す。バニリンはどの官能基も隠さない。いつでも反応できるように準備万端だ。しかし僕は官能基を隠している。

この、隠す、とか、しまう、という行為にも長年興味を感じずにいられなかった。私達はなぜ、片付けるのか。

基礎に据えるべき仮説として辿り着いたのは、「使うべき時に使うため」ということ。官能基は、使うべき時、というものが前提としてあるのではないか。

有機化学でマスキング剤(阻害剤)というものがあって、使うべきでない官能基に結合させて、働かないようにすることができる。マスキング剤は体内にもある。隠すのも、片付けるのも、使うべき時にないものを視界から隠し、あるいは守り、使うべき時に備えているのではないか。そうしないことが、「恥ずかしい」という心理につながっているのではないか。

知恵も「出す」と表現することに言葉の妙味を覚える。知恵も立派な機能だ。だから、出すべきでないときには、隠しておかなければならない。概して私たちの会話というものは、問題の解決ではなく、会話を楽しむこと自体が目的である。男性はここを勘違いしていると、多くの女性から指摘を受ける。

除夜の鐘は108の煩悩を消し去るために衝く、のではない、とどこかのお坊様も考えているにちがいないと勝手に想像する。煩悩こそが生きるための機能性。煩悩を消し去るなんてとんでもない。心得るべきは、出すべき時に出せ、ということ。出すべき時を誤り、機能性を発揮できなければ、その時はじめて、官能は煩悩に帰す。



2017/11/15

今年のクリスマスコラム Christmas column this year.

今年のクリスマスコラムは人工知能の自然な姿について考えてみました。
http://www.filtom.com/218263/

I tried to think about the real image of an artificial intelligence in nature on this year's Christmas story.

http://www.filtom.com/218268/


2017/10/16

国政選挙まであと1週間 Just one week until the National election of Japan.

English below.
日本人にとってもっとも大事な日であることはまちがいないですが、やっぱり静かな日本人。もちろん東京や大阪といった大都市の主要な駅前の演説会はそれなりの盛り上がりがある。でも日常生活、日常会話で政治の話がでることは世界各国に比べて明らかに少ない。
不思議に感じる海外の方、多いと思います。実際、僕も不思議です。なぜここまでシャイなのか。シャイが原因でない、という見方もあると思いますが、海外から見れば、おそらく、シャイであることと一括りになると思う。いわゆる、無党派層、サイレントマジョリティ。言うまでもなく僕もその一人。
日本人は今も昔も、シャイ。良い面でもあり、悪い面でもある。あえて良く言えば、自分の目で判断する。誹謗中傷に発展するような無用な摩擦を避ける。しかし悪く言えば、低俗な情報を避けるあまり、良質な情報量も下がる。自分の目で判断しようにも情報が少なすぎて、おそらく判断を誤るケースの方が多い。いまの多くの日本人が抱える不安感もそこから来ている。情報が少なければ、低俗か良質か判断する目も養われない。
残念なことに、世界各国と同様、おそらくほんの一部の人々による、誹謗中傷やフェイクニュース、低俗な誘導が今も昔も多い。ネットの普及の効果といえば、それを無言で非難し、無視する、多くの冷静な知性をより近くに感じることができるようになったことだ。静かなる日本式のアラブの春、と言ってもいいかもしれない。実際、ネット上の低俗な情報に安易に乗らないケースが増えているように感じる。後世からは、静かな日本の春、と形容されるのかもしれない。

Just one week until the National election of Japan.
It's of course the most important event for Japanese, but as you might feel, still calm as usual. In big cities like Tokyo or Osaka, there are many people visiting at a public speech by famous politicians in main railway stations. However, in daily life or daily conversation, it's still calm as usual.
I guess many foreigners must feel 'why?'. To be honest, I feel same. Why Japanese people is so shy? Some may say it's not the reason. But for foreigners, shy character looks the most of the reasons why Japanese people avoid to talk politic topics or to show their own stance. In short, silent majority in Japanese style. Of course, I'm a part of it.
I think, as one Japanese, Japanese people are still shy even now as ever. It's a good point and a bad point of Japan. If I say positively, a Japanese judges by himself to prevent unnecessary debate. But from another point of view, to avoid sleazy gossips too much means that good information is decreasing at the same time. Then amount of information to verify the truth will be short. And also we can't have a chance to train our eyes to see the truth.
Unfortunately, same as other countries in the world, there are many cheap gossips, fake news and sleazy comments to mislead us still now as ever. As for the effect of the internet, we can feel many intelligence familiar who blame silently or ignore. We could say the situation is like silent Japanese spring, as like the Arabic spring. In fact, I feel the people who don't reply to such sleazy comments on the internet is decreasing. In the near future, people may say, it's the start of the Japanese spring.

2017/10/15

【C6家族のコラム】第二回「家族を意識することで手に入る生命力」

身近な微生物、酵母と皮膚常在菌(プロピオン酸菌)は、まるでよく見かける頼りになる友人や家族のようで、想像力を掻き立てられる。
酵母は明るくて活発でいつもふざけてるのに、時々真を突いた言葉を投げかけてくる。
プロピオン酸菌は静かに寄り添いつつ、こちらが疲れ、何かを見失いそうになると、やはり静かに共有してくれる。
そんな雰囲気、出てるかな?笑

http://www.filtom.com/211291/

2017/08/31

【イベントレポート】与那国の海と織物の不思議なお話会


美について思う存分持論を展開をして良いというたいへん貴重なチャンスをいただき、29日、与那国に行ってまいりました。
【内容】
アーティスト Chitose Ohchiさんから、昨年いただいた不思議な依頼。
「与那国の海の美を取り出してほしい」
それは、与那国の美しい織物を復活させるためにあらゆる手段を模索するOhchi氏からFILTOMへ投げられた壮大な夏休みの宿題でした。
それから一年、通常の分離業務と同じ手順で、まず海の美の定義を求め、次に取り出し方を検討し、そして取り出すための道具、世界初イオン万華鏡を開発しました。
そのイオン万華鏡を用いて海の美を抽出したレポートです。
与那国の不思議な夜をぜひ動画でお楽しみください。